【2021年最新】ゴープロをレンタルできる人気の業者5社をおすすめ順にランキング化!

ゴープロがレンタルできるおすすめ業者の比較

スノボやアウトドアなどちょっと面白い写真や動画を撮りたい時に便利なのがゴープロ。

GoProは買うと、4万以上かかってしまうので使ってみたいけど、なかなか手が出ない人もいると思います。

そんなに年中出かけるわけでもないので、買ってまではいらないけど、使ってみたいという場合にレンタルが便利です。

この記事では、GoProをレンタルできる業者を5社比較し、あなたにおすすめの業者をご紹介します。

ゴープロ10の情報を追記して、全体的に書き直しました。

レンタルするゴープロの選び方|特徴面を比較

GoProのレンタルをする前に、まずはGoProの製品特徴を機種別に比較してみました。

特徴やアクセサリーのことは知ってるという方は、ここをタップすればおすすめ業者までスクロールします。

全ての機種についている装備は、これらの機能です。

共通している機能
  • 写真・動画撮影、防水性能
  • ステレオ音声、Wi-Fi+Bluetooth

より詳しい違いを比較表にしました。

ベーシックモデルと球面撮影可能なモデルの2種類に分けて表にしています。

ゴープロHEROシリーズのスペック比較

HEROシリーズは定番モデルで、一般的によく使われるタイプです。

比較的新しいモデルのHERO8〜10で簡単にスペックを比較してみました。

機能 HERO10 HERO9 HERO 8
防水 10m 10m 10m
写真 23MP
+HDR
20MP
+HDR
12MP
+HDR
動画 5.3K60
Hypersmooth4.0
5K30
Hypersmooth3.0
4K60
Hypersmooth2.0
球面撮影
音声起動
タッチパネル
タッチズーム

HERO7のブラックモデル以上は、写真や動画撮影に手ぶれ補正がついています。

だいたいスペックは似ていますが、写真の画質やHDR対応・ビデオ安定化機能など細かな点が強化。

カメオタくん
HERO8以降ならほとんどの撮影には対応できるよね。

それほどこだわりがない場合は、HERO7にすれば値段は抑えられます。

ゴープロFUSION・Maxシリーズのスペック比較

機能 FUSION Max
防水 5m 5m
写真 16.6MP
Superphoto
16.6MP
360度写真
動画 5.2K30 5.6K30
Max Hypersmooth
球面撮影
音声コマンド
起動は不可

起動は不可
タッチパネル
手ぶれ補正

ゴープロの中でもFUSIONとMaxだけは360度撮影に対応しています。

その分値段も高めで、いろんな使い方ができるのが魅力です。

それほど大きく違いはないので、FUSIONを選んでも機能的に大差はないかなと思います。

Maxが一番安い値段でレンタルできるのは、DMMでした。

ゴープロレンタル時に一緒に揃えたいアクセサリーは?

ゴープロのレンタルにアクセサリーは必要か?

GoProだけでも使うことはできますが、より使いやすくするためにあると嬉しいアクセサリーも合わせて紹介します。

  • 予備バッテリー
  • カメラアーム
  • 防水ハウジング
  • ヘッドストラップ

GoProのアクセサリーはたくさんありますが、使う場面によってあったらいいアクセサリーをまとめてみました。

予備バッテリー

ゴープロの予備バッテリーと充電器

GoProの予備バッテリーと充電器

GoProのバッテリーの持ちは、平均して1時間30分前後。

普通のビデオカメラと比べると短めなので、知らないうちにバッテリー切れになってしまうこともあります。

万が一のバッテリー切れのためにも、あると嬉しいのが予備バッテリーです。

カメラアーム

ゴープロの3Wayカメラアーム

GoProの3Wayカメラアーム

3Wayカメラアームがあれば、カメラのグリップ・延長アーム・三脚としての使い方が広がります。

GoPro単体で使うよりも、アングルの幅が広くなり、より高度な撮影が可能。

アームを取り外せば、倍の長さになったり、自撮りも便利になります。

防水ハウジング

ゴープロの水中撮影用 防水ハウジング

ゴープロの水中撮影用 防水ハウジング

GoProは防水性能もありますが、水中やアウトドアでの使用となってくると、石が飛んできてぶつかったりすることがあります。

そんな時に防水ハウジングがあれば、安心です。

カメオタくん
飛び石などの破損は免責を支払う必要があります。

防水とは言うものの、水中だけでなくバイクやカヤックなどでも使われています。

ヘッドストラップ

ゴープロのヘッドストラップ

GoProのヘッドストラップ

ヘッドストラップは、帽子やヘルメットなど頭部にGoProを取り付けて撮影することができます。

カメオタくん
スノボとかスケボーなんかには必須アイテム。

頭につけて撮る動画は独特の雰囲気が出てかっこいいんですよね。

また、手持ちでは撮ることができない映像を残すことができます。



ゴープロがレンタルできる人気業者の比較一覧表

GoProのレンタルを取り扱っている業者を7社比較してみました。

宅配レンタル時の送料、レンタル料金、宅配可能エリアごとに一覧表にしています。

レンタル送料・料金・対応エリアで比較

業者 送料 値段 宅配
Rentry 無料 3980円〜

(3泊4日)

全国
DMM 無料 4940円〜

(5泊6日)

全国
レンティオ 無料 4480円〜

(3泊4日)

全国
いい旅日記 10525円以上で無料

(返送時も無料)

8000円〜

(7泊8日)

全国
ビデオエイペックス 3000円以上で無料

※返送時の送料は必要

5320円〜

(2泊3日)

全国

万が一の時の補償内容やレンタル期間などサービス面で比較

各レンタル業者の補償やレンタル可能な時期を調査しました。

補償は、レンタルしたGoProが破損したり壊れてしまった場合の保険を指します。

業者 補償 免責 長期レンタル
Rentry 無料 0円 15日まで
DMM 無料 0円 1ヶ月まで
レンティオ 自然故障のみ無料 2000円 1ヶ月まで
いい旅日記 無料

盗難・紛失は対象外

0円 予約状況による
ビデオエイペックス レンタル料の10%

水濡れは適用外

1000円 1ヶ月まで

セットレンタル・アクセサリーの取り扱いで比較

GoProをレンタルする時のセットモデルの有無とアクセサリーの取り扱いを調べました。

アクセサリーは、撮影時にあると助かる予備バッテリーとアーム・マウントで記載しています。

業者 目的別セット 予備バッテリー アーム等
Rentry 初心者・自転車

スノボ・水中など

DMM ×
レンティオ 初心者
いい旅日記 セットのみ ◯セットのみ ◯セットのみ
ビデオエイペックス × ×

Rentryは、利用する目的ごとに考えられたセットモデルが豊富です。

スノボや自転車など、使いたい目的に合わせて必要なものがセットになっていて便利。

アクセサリー選びで迷うこともなく、セットで安く借りられてお得ですね。

ゴープロがレンタルできる業者|人気順のおすすめランキング

GoProをレンタルできる業者のおすすめランキングTOP5を考えました。

ランキングの選定基準は、

  • レンタル料金は安いか
  • 宅配時に送料はかからないか
  • 万が一の時の補償はあるか
  • レンタル期間は妥当か

これらを基準にランク付けしています。

1位 Rentry

rentryのレンタル

画像引用:Rentry公式サイト

往復送料 無料
レンタル料金 3980円〜
補償制度 無料
レンタル日数 3泊4日〜
HERO 8 Black 9980円
HERO 7 Black 8980円
HERO 6 6480円
HERO 5 3980円
FUSION 7800円
アクセサリー セット・単品もあり

Rentryは往復送料が無料なのに加えて、補償も無料。

レンタルしているGoProを落としてしまっても大丈夫です。

少し前まで値段が高かったのですが値下げがあったため、今は安く借りられるようになりました。

また、Rentryには利用する目的ごとのセットが用意されています。

自転車やスノボ、星空撮影用のセットなど、必要になるアクセサリーがセットになっていて初心者向けです。

カメオタくん
今なら、当サイトからの申し込みで予備バッテリーが1つ無料で借りられます。

Rentryの社長さんに直接掛け合ったキャンペーンになります。

申し込み時に、『Camera Freaks経由で申し込みました』と記入してください。

 

キャンペーン利用でお得

 

2位 DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタル

画像引用:DMM公式サイト

往復送料 無料
レンタル料金 4940円〜
補償制度 無料
レンタル可能日数 5泊6日〜
HERO 8 Black 9940円
HERO 7 Black 8450円
HERO 6 5940円
HERO 5 4940円
FUSION
アクセサリー あり

DMMの強みは、レンタル期間が他の業者より長いところにあります。

他の業者は、3泊からのレンタル期間ですが、DMMだけは5泊〜とゆっくり借りられるところが魅力。

また、落としたり破損させてしまったら免責金を払う必要がありますが、DMMは請求されません。

カメオタくん
レンタル期間考えたら、DMMは一番安いね。

関連アクセサリーのレンタルはまとめ借り対象となるので、アクセサリーは50%オフで借りることができます。

 

レンタル料金は1番安い

 

3位 レンティオ

カメラやレンズのレンタルができるレンティオ

画像引用:レンティオ公式サイト

往復送料 無料
レンタル料金 4980円〜
補償制度 自然故障は無料

落下などは上限2000円

レンタル可能日数 3泊4日〜
HERO 8 Black 9980円
HERO 7 Black 8980円
HERO 6 5980円
HERO 5 4980円
FUSION 5980円
アクセサリー キットあり

レンティオの1番の特徴は、アクセサリーの豊富さ。

主要機種からマニアックな商品まで取り扱いも多いです。

アクセサリーもキットで最初からGoProとセットになっているものもあるので、何を一緒に借りたらいいのかわからない人でも安心。

セットモデルでレンタルしたいなら、おすすめの業者です。

 

取り扱い製品が豊富

 

4位 いい旅日記

いい旅日記のレンタル

画像引用:いい旅日記公式サイト

往復送料 1050円〜

10524円以上で無料

レンタル料金 8000円〜

(7泊8日)

補償制度 無料
レンタル可能日数 予約状況による
HERO 8 Black 12800円
HERO 7 Black 9800円
HERO 6
HERO 5 8000円
FUSION
アクセサリー キットあり

いい旅日記の1番の特徴は、レンタル期間が長いことです。

値段は高めですが、料金にSDカード32GBが含まれています。

カメオタくん
32GBのSDカードが無料で予備バッテリーつきでお得。

カメラアームや予備バッテリーがついているので、トータル的に考えれば安くつく場合があります。

また、レンタル特典としてSDカード(32GB)をプレゼントしてくれるのもここだけです。

 

SDプレゼント・アーム付き

 

5位 ビデオエイペックス

ビデオエイペックスのレンタル

画像引用:ビデオエイペックス公式サイト

往復送料 3000円以上で無料

返送時は送料がかかる

レンタル料金 5320円〜

(2泊3日)

補償制度 レンタル料の10%

水濡れは適用外

レンタル可能日数 2泊3日〜
HERO 8 Black 7700円
HERO 7 Black 7280円
HERO 6 5880円
HERO 5 5320円
FUSION
アクセサリー あり

ビデオエイペックスは一眼レフや交換レンズに比べると、GoProの在庫は少なめです。

ただ、必要なものはおおよそ揃っており、アクセサリーまでレンタルしています。

送料は3000円以上の商品でないとかかってきますが、GoProを借りるなら3000円は超えるので、それほど心配はありません。

カメラやレンズも新しいモデルを扱っているので、最新機種を借りたいなら一度のぞいておきたいサイトです。

 

 



ゴープロは買うよりレンタルの方がお得

GoProが特に活躍する最適な場面は、アウトドアシーンです。

カメオタくん
超広角レンズだから、スノボや水遊び、旅行で力を発揮!

GoProは買うにはちょっと高いので、年に何回も使わない場合はレンタルが最適です。

また、電気屋さんで触っただけではGoProの良さをいかした使い方はできません。

カメオタくん
特に、屋外の広い場所で使ってみて初めてその良さがわかります。

レンタルしてみて、実際に外で撮ったらその良さに惹かれて即買いしてしまう人もいるほど。

ちょっと使ってみたい方だけでなく、購入を悩んでいる方でもレンタルはベストな選択肢なんです。

ゴープロレンタル利用者の口コミや感想

実際にGoProをレンタルされた方の口コミをSNSから集めてみました。

リアルな意見を見たいと思うので、良い内容の口コミも悪い内容の口コミも隠さず公開します。

ゴープロのおすすめレンタル業者【まとめ】

GoProのレンタルをしている5つの業者を比較してきましたが、各社それぞれに特徴や強みはあります。

最後に、もう一度利用シーン別におすすめのレンタル業者をまとめておきます。

使い方で選ぶおすすめ業者
  • 補償やセットの品揃えなら、Rentry
  • 安くレンタルするなら、DMM

セットものレンタルが豊富なのは、RentryとTavishotあたりです。

レンタル業者の比較は他にもあるので、興味のある方はこちらの関連記事もどうぞ。


関連コンテンツ一覧



ゴープロがレンタルできるおすすめ業者の比較

内容をみんなに紹介する

ABOUTこの記事をかいた人

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。